アライマサノリの日記帳

69パーセントはフィクションだと思ってください

3月11日(水)

* 3月11日になりました。あれから9年が経ちました。 年も経つと色々なことが”起こる”ものですね。いろいろ。思ったことを書きました。僕にとって3月11日は意味がある日です。身近な人を亡くしたわけではなく、僕自身当時住んでいた家を失ったわけでもな…

2月6日(木)

観光やイベント、読んだ本や映画の内容など、インプットした記憶に定着させるためには「アウトプット前提でインプットする」ことが有効だと言われている。「この後書かなければならない」と自らにミッションを課すことで、心理的プレッシャーによるノルアド…

1月21日(火)

20日、「言葉ダイエット」の著者・橋口さんと、「読みたいことを、書けばいい」の著者・田中さんのトークイベント(@蔦屋書店代官山)に行ってきました。特定の誰かにあてる文章でもありませんが、とりあえず「アウトプット_No.1」として書いておきます。 -…

1月16日(木)

こないだ書いたものに、 「ちょっと友達とお茶するためとか、自主学習や本腰を入れて本を読もうとしたら難しくて、聴きに行く姿勢が要る」みたいなことを書いたけど、目を開くのを半分くらいにして、ぼーっとするにはジャズはとても最適です。そんな時に本が…

1月15日(水)

最近のこと、書きます。 買っている猫ちゃんが4000gになりました。僕が出会ってからは500gくらい増えたそうだ。もこもこ、もこもこしているのは、冬毛のせいだけではなかったんですね。どうりで片手で抱えるのが大変になったわけだ。同居人の佐藤さん…

1月10日(金)

社会人1年目は入社前の3月から12月まで、JR埼京線・北戸田駅が最寄りのところに住んでいた*1。新宿方面に一つ隣の戸田駅近くのショッピングモールに大きい書店があって(今もあるのかな?)、たまに仕事帰りに立ち寄った。書店併設のカフェのスペースも広く…

1月9日(木)

もう一つルールを作る。テーマは特に定めないにしても、エピソードや本の気になった 一節、誰かから聞いたこと(伝聞)をひとつは引用したい。記憶はとてもバイアスがかかりやすいので、引用内容は細かいところまで正確とは言えないかもしれない。手元に本や…

1月8日(水)

これから書くものは、ただの記録でしかない。1日の中で人と会う数が圧倒的に減り、言葉を話さなくなり、そして、何についても書けないような気がする。語れないような気がする。書くものはこれまで以上に断片的で、取り留めもないものになると思う。でも、…

12月29日(日)

高校生まで育った土地の最寄駅の目の前に、広大なビール工場がある。「サッポロビール園」といい、そこにはビオトープという広場がある。小学生の頃、理科の授業で生物観察のために訪ねたことがあった。そこまでいい思い出はない。 入っていた少年野球チーム…

12月25日(水)

有給休暇の5日目に入った。土日を含めて約1週間、今のところ仕事のない生活を送っている。体も心もだいぶ休まった気がする。私の有給は16日あるのだけれど、 「それ、全部取れるの?」 と聞かれることが多い。しかも不安げに。世間的には、有給を取らせ…

11月17日(日)

杉並の方に引っ越して来て約3ヶ月が経った。どこかで書いたかもしれないけれど、家の目の前には新宿、中野に直接行けるバス停がある。真横には小学校がある。徒歩1分のところには陸上競技場がある。そう、ゴム張りのやつ。 そこではだいたい週に1回、ラン…

11月2日(土)

久しぶりにエントリを書くまで何も起こらなかったわけでなかった。ただ書けなかった。「書くに足ること」とまで言えないけど、僕にとっても色々なことが立て続けに起こった数ヶ月だった。季節でいうと、夏から秋の暮だ。 彼らは、どこからかやってきたと思っ…

10月31日(木)

半年間、お世話になった男性がいた。これからもお世話になるだろうが。 表参道の渋谷側、青学の目の前の紀伊国屋の真横に鍼灸院をかまえている先生がいる。その男性は今53歳だが、49歳の時フルマラソン3時間の記録を破った。つまり、50歳目前でサブスリーを…

9月30日(月)

まだ日中は暑いけど、草木の放つ匂いを嗅いだり水色の空に浮かぶ雲の形を見ると「秋到来」といえるのではないでしょうか。遅いですか? だけどこんなにいい季節は待ち焦がれるというわけではなく「ふいにそこにあるもの」という感じがある。「いつの間にいた…

9月6日(金)

今朝の電車で「日記」と冒頭に置いて、長い文章を書いていら女性がいた。あの級数*1、行数の感じからすると、おそらく600字は超えていた。何度もスマホの画面を胸に寄せ、目を閉じながら何を書こうか考えている風だったーー。 あれはおそらく言葉を選ぶ「…

7月11日(木)

伊藤忠商事陸上部の人との情報交換会(という名の飲み会)に参加して、上司と飲み直し、その帰り。信濃町駅から中央・総武線に乗っている。あの商社と職場は徒歩10分くらいの距離。かれこれ10年弱、「ランニング」という話題ひとつで繋がりがある。いろ…

7月8日(月)

昨日の午後、雨だったので洗濯物を干しながら「ボクらの時代」を録画で見た。 「小説家の父を持つ」というのがテーマ。阿川佐和子、遠藤龍之介、檀ふみの3人*1がゲストで出演。ともに慶應義塾大学出身。遠藤龍之介氏は今年6月にフジテレビ社長に就任したば…

7月1日(月)

帰宅路の電車。総武線。ふと浮かぶ。"なぜ仕事終わりに酒が飲みたくなるのか?" 思いついて、メモ。くだらない自問。ちょっと気になり、本読みをやめて画面を撫でる。ただ酒を飲みたいのか。飲んでいる雰囲気を再現したいのか。わからないけど考えてみる。…

6月26日(水)

手元に本がない時。電車でケータイ*1を眺めているだけでちょっとした罪悪感を覚える(罪悪感? )。 急を要するメールやメッセージなら別だけど、たまに気をぬくと本を忘れる。反省もせず、画面の中でめまぐるしくフローする「投稿」*2を眺める。それを2、…

6月6日(木)

会社なう。つかれた。

6月3日(月)

ふたりの夏物語 杉山清貴&オメガトライブ('85) 5月を通り過ぎ、6月に差し掛かった。眩しかった新緑にも目が慣れてきて、いよいよ梅雨、そしてすぐそこには夏がやってくる。不意に何となく聞いた山下達郎の「ラブ・スペース」、杉山清貴&オメガトライブ…

6月2日(日)

ものすごい当たり前のことを書く。 この頃は同じ屋根の下で佐藤さんとほとんど一緒に過ごしている訳だけど(おまけに会社も同じだ)、その中で、同じタイミングで都合のいい睡眠時間を迎えることはものすごくむずかしい。自分の睡眠サイクルでさえ、まだ把握…

6月2日(日)

6月1日(土)15時。集合時間の20分前に原宿門に着いたので時計台の脇に腰掛けて人を待っていた。特にすることがなかったので、青い葉っぱが風に揺れるところ、移動販売車に並ぶ人の様子を見ていた。時を同じくして濃紺のスーツを着た22、23歳と思…

5月14日(火)

4月29日に名取にある実家に帰った。東京駅から仙台駅まで新幹線を乗り、JR本線を南下し13分。変わらない。最寄り駅に降り立ってふと旧い友人に連絡をした。2歳からの仲だった。一番最後に会ったのは、独協大に通っていたもう一人の友人と清澄白河でコー…

令和元年 5月6日(月)

「令和」、この漢字アイフォーンは変換できたけどWindows7はできない。令和になったその瞬間を、酔いつぶれた父とリビングで迎えた。此度は「崩御」という急に来るものではない。改元がすでに宣言され、さらに準備期間も1ヵ月あった。こういう流れを見ると…

4月28日(土)

「ねこと神戸」 朝から風が強かったがよく晴れている日だ。カレーを作ってひと段落してた。僕は牛乳を飲みながらグレン・ミラーのムーンナイト・セレナーデ、イン・ザ・ムードを流した。床にいるねこの首を掻いてやると、ごろんと背中を床につけてお腹を見せ…

4月21日(日)

福山雅治主演の「集団左遷!!」をみた。福山さんの配置される三友銀行蒲田支店は銀行本部による縮小(つまり廃店)する方針。AIによって人員は削減できる。1行つぶしたら10億円削減できる。そんな試算よってもたらされた(窮地ですね)支店に「とばされ」、人…

4月15日(月)

昨日、掛川新茶マラソンというのに出て、フルマラソンを無事ゴールした。坂は何度も歩いて走ってを繰り返したので、とてもじゃないけど完走とは言えず*1、4時間42分かかって何とかゴールした。昼前から雨の予報だったが前日あたりからどんどん変わり、当…

4月10日(水)

「どうにもできない他者に困っているなら、自分が変わるしかない」というのは環境適応やセルフコーチング、マインドフルネスの考え方ですが、私は「通勤」で先に書いたことをよく考えている。結構内容が飛ぶけど、電車ではなんで音楽が流れないんだろう、と…

4月7日(日)

松原に借りていたアパートの退去が完了した。一昨年の11月に契約をしたその日に来たコーヒー屋で一息つきながら、これを書いている。ここの店主は俳優・松田龍平を10ポイントくらい頼りなさげした感じの男性だ。基本的にキッチンは一人で忙しくこなしてい…