「僕」と「私」と「わたし」の記録

87パーセントはフィクションです

つまらない回顧録 ―学生宿舎 編

引用させていただきます。

black-koshka.hatenablog.com

 

 わたしはこの志月さんのブログを初期の方から拝読させていただいてますがやっとロシアに無事到着されたようで、わたしの方もほっとひと安心。「 お母さんの想い」がこのブログにはあふれ出ているのすごく感じます。びんびん伝わってきます。わたしの母も、わたしが宮城を出る時に同じような想いでいたのかなあと、トビダスって規模は月とすっぽんくらい違いますが、いつも初心に帰らされます。

 そういえばはじめの方は本当にいつも連絡を取り合っていました。母がガラパゴスケータイだったので、その時はずっとメールでのやりとりでした。書いてて思い出されたのが僕の住んでた学生宿舎のしかもわたしの部屋だけ電波が入らなかったんですよ。これ、電波の調子が悪いとかそんなレベルじゃなくて、常に圏外。電話なんかもっての外だったので、いつも用事は部屋の外、宿舎の外で済ませてました。冬なんか凍えながら、当時付き合ってた彼女と連絡とってましたね。今思えば懐かしい。その事に理不尽さを感じて、結構怒ってましたけどね、結局学生部に訴えに行ったりしませんでした。小心者なんで。その都度、このブログに登場する国際系学部の彼は、私の部屋の左斜め前なんで、彼がいる時はしょっちゅう部屋に上がらせてもらってました。だらだら話して立派な書棚に手をかけて「これ読んでる?借りてって良い?」とか言って持ち帰ってました。その立派な書棚は彼が宿舎を出る時に、数日置きっぱなしにしてたら撤去されたみたいなこと言ってましたが、ほんとかわいそう(笑)。そんな彼は今どこにいるんだっけ。モントリオール?から就職のおめでとうって連絡くれました。帰ってきたら会いたいね。

 んで、運よく、学内のネットワークのつながりは良好*1だったんでずっとPCに向かいっきりでしたよ。PCでLINEもなんとかできるんで、それで友だちと連絡取り合ってました。画面に張り付くってあの事だなって、いま思えば異常でしたね。それと、テレビも8月くらいまでなかったんで、変な意味では外界と遮断された空間にいたなぁ。PCだけが友達でした。前回も書きましたが9月上旬は学生日本一を決める大会があるんで、みんな忙しいわけですよ。ピリピリしてるし。そんなこんなでともだちと夜の公園できれいな月を見ながら*2話して部屋に戻ったんですよ。ちょっと気分も高まってたし、電話してみるかあって母親にかけたら運よく繋がった。同時にブログ書きながら、産んでくれてありがとうとか言ってましたけどいま思えば気持ち悪いですね。何がもっと気持ち悪いかって、自分電話しながら号泣するところですよ。母親困ってましたね。

 それと、アパートとかマンションに比べると、とんでもなく安くて1年住んで20万円だったかな?*3電気代が3か月でいっぺんに払う感じ。それも宿舎全体で精算するんだかで、3か月で1200円とか。今ではありえません。ガスと水道は共同だったりして、料金無しです。日本のどっかには、もっといいスペックで安かったりするところとかあると思うんですけど、あれは本当にうれしかったですよね。なんで、1年通して住みました。6畳一間に洗面台ついてて、暖房もあります。冷房は自分で調達ですね。風通しわるい一階でしたが、クーラーは無しでやり切りました。中には、こんな狭いところ居られるかって、半年たたないで出ていく友達とか結構いましたがね、わりと最後まで宿舎に残った面々って案外今でも仲良くしてたりします。*4

 書き出したらきりがない、学生宿舎談義って、これから一生、死ぬまで抱きしめていくものだと思うんですね。あの時「ひとりじゃないひとり」を経験したことによって今の自分が作り出されてます。マジで。

 志月さんのブログに息子さんの寮生活について触れられてます。「寮」っていいなあって思うんですよ。実質、やるかっていったらきついんですけど、青春の塊じゃないですか。いま学生の歴史とかしらべてて、そのある種エリート学校は全寮制だったりするんです。そこで人間関係の上下を知っていったりして、時につぶされたり、刃向かったり、人間模様が顕著に現れ出るところ。体育とかスポーツ学部の寮は興味ありません。あんまりいいなとも思わないし。けれど、そのエリートとかその時代の知識人が集まった密室って、かっこいいですよね。そんな遠いはるかな思いはどうだっていいんですけど、志月さんの息子さんをわたしも応援してます!

 きっかけなんですけど、わたしが何で志月さんのブログを継続して読もうかなっておもったのは、わたし自身もロシアに行きたかった時期があったからです。これについては、今日はつかれたんで、また書きます。

*1:とはいえ普通レベル

*2:10時くらいにはちゃんと帰ってきたのかなぁ

*3:それでも出してくれた親にはもちろん感謝しきれませんが

*4:関係あるのかわからないけど