あっさりといこう。ただまえを向こう。

 3.11から5年が経ちました。

 

 去年の今頃は、ボランティア活動団体に入れてもらい地元・宮城の山元町をお邪魔していました。「あの日のこと」をあまり知らない大学のひとたちと震災の爪痕を視れたのは本当によかった、貴重な体験でした。

 

 震災を体験した当時、僕は高校2年生のあたたかな春を待ちわびた高校1年生でした。あれから5年経った今、こうしてシュウショクカツドウ、ソツギョウロンブン、リクジョウキョウギに力を尽くしている姿は全くを以って想像つかなかった。

 

 未来は本当に分かりませんね。よくも、わるくも。もしいま現在におおきく絶望していても、いつかきっと望むような未来は来ると思います。そうやって、期待しなければならない。でもそれは、ただ受け身で、「国」に期待してるだけでは可能にはならないと思います。

 

 もしかしたらまたこの先5年後、僕は何かをやれているかもしれない。
反対に、何もできていないかもしれない。けれど今はその自分に期待をしたいです。

 

 いつか必ず、地元に貢献します。