「僕」と「私」と「わたし」の記録

87パーセントはフィクションです

お昼休みに

ビビるほど可愛い女性が中国語ぽい(日本語ではない)言葉を話しながら、同時に手話もしている。向かって座る太い男性はよく話しよく笑う。笑いはわかるのに話している言葉はさっぱりわからない。当たり前のようだけど、不思議でたまらない。


着ているものは青い作業服のように見えたがそれは小綺麗な洋服であって、なぜそう見えたのか全くわからない。

ある定食屋にて。昼下がり。味噌汁をすすりながら。熱いお茶をすすりながら。