読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッチン

f:id:masa1751:20150508160731j:plain
 
 あらゆる有名文学作品を読もうって言ったって、その数には限度がある。というよりか、今はまだその読める進度に限界があるって感じ。
 
 中学の頃の国語教師が勧めていた本の中に吉本ばななの「キッチン」があった。この本に対してものすごい熱弁をしていた記憶があるんだけれども、何て言っていたのかはイマイチ思い出せない。でも、これは読んだ方がいいぞ!という熱意だけは伝わっていたようだった。
 
 
 そして、やっと読むことが出来る、吉本ばななの「キッチン」。まだ読んで数頁だけれど、ドキドキしている。どんな結末なんだろう。小説にドキドキ出来る。これに勝る幸福感は恐らくはあるまいな。