読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの記録でしかない、

フィクションか何かだと思ってください、

東京タワー

湯船に浸かっていると、取り付けてある窓の外から静かな音楽が聞こえてきた。その音は少しくすんで聴こえ、話し声も聞こえたので、おそらくすぐ傍に駐めている車の中から流れているものなんだろう。珍しく、その音楽は心地よく聞こえてるのでもう少し聴きた…

でんしゃ

ホームに電車が勢いよく滑り込んできた。よくあんなスピードで走ってくるのに、きちんと指定された地点に停まることが出来るな、と毎度感心をする。電車の上に煌々と輝くお月様。あさに見る月は、よるに見る月と比べてどこか儚く、寂しそうに見える。 何遍や…

あけましておめでとうございます

だいぶ遅くなりましたが、 あけましておめでとうございます。 親戚と飲むお酒は美味しいなぁと思う成人2年目でした。 *** *** 新年そうそうあまり苦いことは言いたくないのですが、昨日からやってる「箱根駅伝」について一言。。。 *** 箱根駅伝…

ちょっとしたこと

ちょっと早く起きてしまったので更新しておこうと思う。 ++ 昨日書いた記事が(僕にとっては)過去最大の「反応」を得た。とてもうれしくて、正直ニヤニヤが止まらない。なんだかんだ中学生の頃より使っていたアメーバブログから、今年の2月にこのはてな…

タイトルは未定です

いろんなブログをハシゴして読んでいると、つくづくためになるなあ、と思わせられる。圧倒される。ホントみなさん、いろんなことを書いてらっしゃる。到底敵わないって圧倒感を抱くと同時に、これが、それが個性かと納得してしまう自分もいる。とにかく今日…

間に合わなかったクリスマス・イヴ

今日、12/24は紛れもないクリスマス・イヴ。ツイッターとか見ていると面白いのがたくさんと流れ込んでくるので、ちょっとした楽しみでもある。 たとえば、これ、これ。 christmas eveのeveはeveningって意味だからなこの早漏野郎— まりにゃ教皇 (@adonaijjir…

ベルト

僕がベルトに触るようになったのは、割と早い時期だった。小3の冬、同級生から誘われたのがきっかけで、スポーツ少年団の野球チームに興味を持ち、翌年の春に入団を認めてもらった。赤と紺を基調としたチームカラーは、当時はあまり好かなかったが、野球が…

ルミナリエ

神戸ルミナリエが、ことしもきれいなあかりを灯した。 *** 2011年の今ころ、僕は修学旅行で神戸を訪れ、その夜にあの光を目の当たりにした。いまでもあの点灯直後の感動を覚えている。一方で、すごい胸騒ぎがした。あれからもう4年になる。時の流れ…

なやみのタネ

ベッドのマットレスを変えた。昨日のひる届いて、このよるをワクワクしていた。ひるねはバッチリできて、このよるがこの上なく楽しみだった。 なさけないはなし、変な妄想しながら目をつむっていたら、みごとに寝られなくなった。詳しくいうと、寝ているか…

村上さん

村上さんが、フクシマに行ったらしい。 誰だ誰だと思い、そのネットニュースを開いてみると、村上さんとは、かの有名な村上春樹さんだった。ニュースのタイトルにて、「村上さん」と表記されていることに僕は少し笑ってしまった。 http://bit.ly/1XAngiV 村…

となりのひと

僕の座る席のとなりにきた中年夫婦はやや小難しい話をしていた。少し流し目でみてみるとなんとも小綺麗な格好をしている。おしゃれなおじさんとおばさんだった。***見ず知らずのひとを、こういうのはなんだが、観察してしまうのは僕の変な癖だ。中二病の…

火花

ブログに対して思っていることを並べてみる ・ブログを更新していない日に限って(僕なりに)多いアクセス数が見られる→ふしぎ ・どうやったらおもしろいことを書けるか→なやみ ・みなさんはどうやっていろんな方に閲覧してもらっているのか→ぎもん ・いつもあ…

僕の先生

どうしてか、僕にとっての先生は特徴的なひとが多い。変わり者、というわけじゃなくて...印象強くのこっている、という意味。 中学1年の頃、野球部の顧問との関わりは薄かったけれど、今でもよくあの話は覚えている。大事なことを教えてくれた。***その…

おもいでと後悔と

僕の母方の祖父は、その昔大工さんだった。祖父の住む家も祖父の手で造り上げた。二階建てのおおきな家屋があった、囲むようにして広がる畑をふくめても十分に広い庭と、これまた大きな二階建ての小屋を二つ携えている。夏は暑く冬は寒い盆地としてひっそり…

よる

物事を断片的に並べていく。その目にしているものはすでに断片的なものだから、それらをつなげ組み合わせてみる。不自然さを孕んだこの一連の流れは、結局のところ95%が工作物だ。 僕は夢を見た。 そこは、学園祭の真っ只中で、体育館と思しき箱の中に人が…

記憶

「小説」という字は「小さく説く」と読める。そして紛れもなく、小説を生み出すのは、人間だ。技術が発達して、機械が全自動的に物語を構想しくみたてることができたとしても、小説は作られやしないと思う。でも、人工知能はそれを果たしてしまうかもわから…

朝ドラ

「まれ」スピンオフ放送決定! スピンオフドラマ放送決定のお知らせ|ニュース|NHK連続テレビ小説「まれ」 *** かつての「朝ドラ」には、あまり親しみがなかった。小学生のころに「風のハルカ」というのがやっていて、そのヒロインが好みだったのでよく…

叱られること

僕は、人に対して(頻繁に)怒ることはエネルギーの無駄使いだ、と思う。なので僕は、可能な限り、内部で消化できるように日々努めている。というのも、目つきが悪いからなのか、小学生の頃から友だちに、あ、また怒ってるでしょ。などよく言われたりした。そ…

しゃべる

父は読書家だ。その影響があるのかわからないけれど、今となっては僕も無類の本好きだ。つまりは、その、本の虫である。 「探偵ガリレオ」が「ガリレオ」というタイトルで地上波に躍り出たとき、僕は中学2年生だった。中二病にはもってこいなドラマ作品だっ…

和歌山県

いま、国民体育大会が和歌山で行われています。僕は、大学陸上競技部として、コーチの先生方の補佐として今月2日からこちらに来ています。実は、和歌山県は人生初。思い巡らすと今年は、大阪兵庫と和歌山ときていて、過去には奈良と京都も訪れているので、…

紹介したい

紹介したい本。 著者:佐伯啓思「日本の愛国心 ー序説的考察ー」の序文より以下、その引用。 (p.12) 愛国心について書くのは難しい。一つの理由は、この主題がどうしてもある種の価値判断や 態度選択に迫るところがあるからだ。愛国心という言葉を聴いて全…

あめ

今日は、大雨洪水警報に起こされた。とても嫌らしい「おはようさん」だった。警報の音はどこか特徴的で胸が騒がしくなる。言うまでもなく4年前のあの震災があってのことなんだろう。 ざわつく風と屋根やら地面やらを打ち付ける雨とが僕を襲った。昨晩の帰り…

寝ること

疲れた、しんどい、やる気出ない、あああぁなんで生きているんだろう、もうやっていけない...などなど、ネガティブなことしか浮かんでこないときは、たいてい睡眠不足かなんかで恐ろしくクタクタな時。そんな時はとにかく仮眠みたいな感じで15分から30分く…

ここんところのこと -何度も編集-

近況報告をします。報告というかなんというかうまく伝えられないニュアンスなのでそこは何となくと思ってほしい。 この頃やっぱり思うのは、本は大事だということ。この頃ネットばかりに頼っている。われわれは、その時目にした情報が嘘かまことか一瞬で判断…

妄想

新幹線の車内ってもんはあまりにも静かで、温度も塩梅で、心地よいものだからすぐ眠りについてしまうんだね。折角、本を読んだり思索に耽ったりして、いろんな「事」を進めようと思うのだけれど、なぜかそれが出来ない。普段から規則正しい生活をしていれば…

無邪気さ

子どもは無邪気だと純粋に思った。公園にて。 下手くそ過ぎて見ていられない。少年二人は目も当てられないような投球動作と捕球動作をつづける。ロクに相手の胸へ向かってボウルを放れない上、なぜか片方はすぐに座りたがる。バッテリーの真似だ。 ピッチャ…

なつやすみ

事実上のなつやすみに入ったT大学のT学群です。でも、レポート課題は残っているし、来週再来週には重要な試合を控えているので心持ちなんだか落ち着きません。 さて、なつやすみは何をするべきか。大きな石を予定表に入れていくと大半が埋まってしまいました…

そのときに培われる感性は

その時にのみ養えるものだと思う。ピーマンが苦いと思うのはなぜだろうか。基本的に、ピーマンには苦味が含まれているから、その本質自体を変えることはできない。けれども、だからと言って、ピーマン=苦い≒「嫌い」という構図になってしまうのがどうにも解…

まれがかわいいなんてことは

最初から僕は知っていた。振られたからキレイになって見返してやるわ、的なのタイプの恋愛ものが僕はとても好きだ。男は、(というか自分は)戻ることにそんなに苦ではないから、むかしの相手に釣られて、またひょいひょいと歩み寄ってしまいそうになる。ん、…

問いを立てる能力

「何か質問はありますか?」大勢いる集団のその中で手を挙げて問いをぶつけるのはとてもむずかしい。心理的ななんかが作用して、手を挙げるのを邪魔しようとする。勇気が無いだけなのかもしれないけれど、そういうわけでも無いと思う。初めの授業の時、私の…

ヨークベニマル

ヨークベニマルに行った。こっちではイトーヨーカドーなのか?今年度「初」のトウモロコシだった。茹でるだけで、あんなにも甘みが出るなんてたまげた。美味しく一本、夕飯に頂きました。しかしまあ、トウモロコシにかぶりついてみると夏はもう目の前。冷麦…

あきらめず

9:30開館。この時間から人がとても多い。市内の図書館に朝からやって来た。どうしても読みたい本があったためだ。けれどもなかった。6月初めに売り出された本なのでしょうがない。断片的なものの社会学http://asahi2nd.blogspot.jp/search/label/岸政彦「断…

自己ベスト更新

僕はこの間、講義を自主休講してまで、道端を走り、少し遠くにある公園でサッカーボールをリフティングした。***10回を目標にして、数え切れないほどの挑戦の末に達成出来た。自己ベストの更新だった(従来の記録は7回)。そして、自販機で買ったコカコー…

キッチン

あらゆる有名文学作品を読もうって言ったって、その数には限度がある。というよりか、今はまだその読める進度に限界があるって感じ。 中学の頃の国語教師が勧めていた本の中に吉本ばななの「キッチン」があった。この本に対してものすごい熱弁をしていた記憶…

居場所

「人は…」と、また語りだすから、気に障ったら、ぜひ、受け流して欲しい。1人暮らしも3年目、後々振り返った時にこんなことを書いていたのか、という感じの「懐かしみ」のために書き残しておきたい。英語で言えば [write down] みたいな感じかな。んん、ち…

ストレスについて考える

今日はストレスについて考えようと思う。自分は、周囲の人間関係や世相を評論したりできる専門家ではないので、その辺のところ、身勝手な言い回しなどはお許しを願いたい。 実家に体重計があった。高校生になるころにはデタラメな数字しか出さないものだから…

なんてこった

自転車での運転中、急転直下、割れました。不思議と悲しくはなかったです。先代のも画面を割った時は親に隠していました。テーブルに置く時は常に伏せて。極度の緊張からかこの画面のことを考える余裕がありませんでした。夜になって気持ちも何もかもが落ち…

はるのやうき

はるのやうき雨が降り気温がグッと下がった今日はとても寒かった。また今週は通してとても寒いそうで。春の陽気は何処へ。春の天気を表す言葉に、三寒四温というの言葉にがある、と思っていた。でも調べてみたところ、本当は違うらしい。リンクを貼っておく…

幸あれ

合宿の朝、散歩の後にトレーナー委員が集まって話し合いをした。担当になっているメンバーそれぞれに、その日の体調とか身体のコンディション、怪我している場合はその具合はどうなのか、など聞いてきて、それを共有するためだ。みんなは言う、カラダガオモ…

2015の桜

桜前線の北上するスピードは、幼児が歩く速度に値すると言われているんだそうです。幼子がはこぶ桜、なんだか素敵ですねぇ。そういや、宮城にも桜が届いたそうで、え、うそ、早くありませんか?

育てられた

僕は中学生の頃、あさのあつこの小説に育てられた。この人は、バッテリーを書いた著者で、よく知られていると思う。その頃僕は、まだ野球に没頭していた。まだ、野球が好きだったその頃、「晩夏のプレイボール」という淡い青色の表紙をした小説が出されて、…

1年記念日

雑談人は外に出たくなる。ふつうは出たくなる。からだを動かして、外の新鮮な空気を体内に循環させて、さらにもう一歩踏み出したい。となると、陽の光も必要になる。浴びなければ、からだは起きてはくれない。日光浴、と言うように、陽の光は全身で浴びるも…

さがして

梅の花をさがして走りに出かけて2時間。。いつも長くなる。。ちゃんと考えて、立ち止まったりはしています。。2日間まともには動けなかったから不安だったけど、悪くはないかな。家から徒歩一分の練習場所。楽しくやろう。