「僕」と「私」と「わたし」の記録

87パーセントはフィクションです

雑談

読まないで。ぶつくさかきます。シュウショクカツドウのこと

就活は情報戦、と誰かが言ったので誰かは反応をした。また、就活は人生の無駄、とも誰かは言ったので激しく反応した。 NewsPicksというアプリケーションがあって最近はよく見るようにしている。話は激難しいけどおもしろい。なんとなく感覚としておもしろい…

そんな季節なんだ。ひとの話を聴くことは、途端に身勝手な想像を巡らせるのとおなじこと

午前のトレーニング後に昼食を直ぐにとった。ふと、仲のいい先輩に会おうとおもって、無料通信アプリを開き「いつ空いていますか?」と訊いた。すると直ぐに「昼飯いける」と来て、自分から言ったものだからと半ば仕方なく「付き合います」と返した。 その…

読書しない大学生は45%という数字とあそび

www3.nhk.or.jp ふと目に留まった記事です。まあ中々つまらないものです。私たちの世代は、ゆとりと呼ばれてきました。それは本来、従来の反省として詰め込み教育ではなく「ゆとりを持たせようよ」というポジティブな意味合いがはじまりでした。がしかし、そ…

すこしだけ整理する。なぜ僕が「教員」になる道を選ばなかったのかについて。ひとことだけね

まずはじめに一つ疑問が。僕はね、大体いつもアクセス数が、記事書いて読んでもらえて50~60くらいなんですがね、昨日と今日と書いていないのにさっき確認したら120もある。「なんだすくね―じゃん(笑)」と思う人がいるかもしれないが、僕の抱えている「読者…

市民にスポーツを届けるには。反省的になって、もっと積極的に、みんなが楽しく...難しい?

レポート課題を提出し終えてほっと一息。大学自体が春休みモードなので、附属図書館は閉館時間が早く、レポートを印刷できないのではないかとドキドキでした。スポーツビジネスに関する講義のもので、指示されたわけではありませんでしたが「一応何か読んど…

その子の名まえは太郎くん?

テスト期間でした。ですがまだ、明日付けのレポート課題が一つ残っています。本日のトレーニング(テスト期間お構いなしの最大強化週間)もキツさマキシマムでしたので、いまにでも目を閉じたら眠ります。いいや、髪が乾いていないので寝れませぬ。どうでもい…

ものは生きていると「におい」がするんですよ

昨晩から吹き荒れた暴れ風は、きょうになりあたたかい雨と空気を運んできた。きょうの日中は汗ばむほどの陽気に見舞われた。いまは、とんがった月も雲間に見え隠れしている。あたたかった、とにかく暖かかった。半袖半パンでトレーニングできるほど。 たく…

身体をかんがえてみること。西洋的近代化にふれることができたなら

きょうは珍しく、タイトルを先に置いて書きはじめてみた。いつもは、つらつらと本文を打ってから仕方なしにタイトルを決めるようにしている。もっと読みたいと思えるタイトルをつける能力を僕が備えていればと思うのだけど、どうやらそこに力を注ぐ程の気配…

たいせつにね

きょうはいい日だった。 およそ9時間半も死んだように寝て、起きたとき朝の9時半だった。でも一回はキチンと起きたんだ。7時半に。当初のプランでは、7時半に起きて、体操とストレッチをして白湯を飲む。そうして身体を温めていると自然と目が覚めてくる…

はたらくこととはしること。そして言いたいことのゆくえは、、、 【加筆修正】

仕事と走ること 「仕事をイメージする」となるとどうしてもよくないのが持ち上がります。 僕なりの目線と僕なりの解釈を加えながら「仕事」ということばについて、寄り道をしながらちょっとずつ砕いて触れていきたいと思います。 そもそも「仕事」という言葉…

おやこかどうか

10時過ぎから図書館で調べものをしていて、時計に目をやると11時半を回っていた。そろそろお昼かと思ったころ事件が起こった。ふう、と息をついたその直後、おなかが鳴った。それもおおきく、おおきく。ならないでくれという思いなんかをよそに、不意打…

あけおめ2月

カラオケで歌っていたらいつのまにか月が変わっていた。あけましておめでとう2月。新年の挨拶をしてから早1ヶ月。この1ヶ月はとても内容が濃かった。早かったなぁと嘆く以上にただただ濃かった。ブログは、僕的には書き続けてみた方だったので、日々の変…

聴講してきました

さきほど吉井理人さんの特別対談を聴きにいった。吉井さんは、昨年度はソフトバンクホークスのピッチングコーチとして仕事をされており、そのかたわらで筑波大学の体育学専攻生として約3年間つくばに通われている。いまは修士論文の執筆で忙しく、というか…

なんでだろう

きょう、きれいな茶色い長髪の女性とデートする夢を見た。いい具合に顔のほうがぼやけていて一番大事なところが見えなかった。惜しい、悔しい。きれいな女性が夢に出てきたりすると、その日いちにち頭から離れなくてもどかしくなる。むかしからよく夢を見る…

21

阪神大震災から21年経ちました。 www.yomiuri.co.jp 僕の生まれた年代には「阪神大震災」があった(そうだ)。 僕は生後4か月だったので記憶は本当にない。母は座椅子に座りながら僕を抱っこし、テレビでその惨状を見ていたらしい。それから約16年経ち…

就活って何

よくわからない。でも、自分なりに、なにかしらの答えを見つけなきゃとは思ってる。 もう本当にそんな時期なんだ...。 いろんな就活本を読む。とりあえず読む。そこにはどの本にも共通して書いてあることがある。「企業の面接官はあの手この手を使って対…

にんげんだもの

下書きに戻すを押してしまった。 6:30に目を覚ました。そしてとんでもない寝坊だ!と飛び起きた。起きて気づいた。7:00からの朝練習ではなくて、9:30からの練習であったことに。 *** 世間は「ベッキー騒動」とか「スマップ解散」とか「DAIGO、北川景子…

苦し紛れのこと

黄色い箱の存在意義ちょっと凍るくらい寒かった。けさ、つくばはつゆき。厳密なこと言えないけれど、つくばの僕の居住地域でのはつゆきだった。きちんと買った。厚切りジェイソンのもなかなかいいいまの積ん読と作業机正面の本たちあすの朝にはきちんと何か…

「語り」

みなさんは何かにあこがれるってことありますか?僕はけっこうあります。 好きともまた違くて、かと言って嫌いかって言ったらそうではなくて、ぼんやりと「ああなりたいな」とかいう感情の正体が「あこがれ」だと思います。こういうのは気になって仕方ない…

よせあつめ

おきなわのうみ *** 歩いていたり、走っていたり、自転車に跨っているときだったり、絶えずいろんなことを考えてる。本を読んでいるときは、これを誰かに読んでもらいたいなとか、どうやったらもっといろんな人に知ってもらえるのかなとか。しまいには、…

それぞれ

1 2 3 4 5 1 昨年の最後に洗濯をして干したのを写した。僕は、本格的に運動をしているものなので、そこに干されるものはジャージやら下着やらタオルやらで、私服は残念なことにない。大学生としてみっともないと思うかどうかわからないけれど、残念な…

東京タワー

湯船に浸かっていると、取り付けてある窓の外から静かな音楽が聞こえてきた。その音は少しくすんで聴こえ、話し声も聞こえたので、おそらくすぐ傍に駐めている車の中から流れているものなんだろう。珍しく、その音楽は心地よく聞こえてるのでもう少し聴きた…

でんしゃ

ホームに電車が勢いよく滑り込んできた。よくあんなスピードで走ってくるのに、きちんと指定された地点に停まることが出来るな、と毎度感心をする。電車の上に煌々と輝くお月様。あさに見る月は、よるに見る月と比べてどこか儚く、寂しそうに見える。 何遍や…

あけましておめでとうございます

だいぶ遅くなりましたが、 あけましておめでとうございます。 親戚と飲むお酒は美味しいなぁと思う成人2年目でした。 *** *** 新年そうそうあまり苦いことは言いたくないのですが、昨日からやってる「箱根駅伝」について一言。。。 *** 箱根駅伝…

ちょっとしたこと

ちょっと早く起きてしまったので更新しておこうと思う。 ++ 昨日書いた記事が(僕にとっては)過去最大の「反応」を得た。とてもうれしくて、正直ニヤニヤが止まらない。なんだかんだ中学生の頃より使っていたアメーバブログから、今年の2月にこのはてな…

タイトルは未定です

いろんなブログをハシゴして読んでいると、つくづくためになるなあ、と思わせられる。圧倒される。ホントみなさん、いろんなことを書いてらっしゃる。到底敵わないって圧倒感を抱くと同時に、これが、それが個性かと納得してしまう自分もいる。とにかく今日…

間に合わなかったクリスマス・イヴ

今日、12/24は紛れもないクリスマス・イヴ。ツイッターとか見ていると面白いのがたくさんと流れ込んでくるので、ちょっとした楽しみでもある。 たとえば、これ、これ。 christmas eveのeveはeveningって意味だからなこの早漏野郎— まりにゃ教皇 (@adonaijjir…

ベルト

僕がベルトに触るようになったのは、割と早い時期だった。小3の冬、同級生から誘われたのがきっかけで、スポーツ少年団の野球チームに興味を持ち、翌年の春に入団を認めてもらった。赤と紺を基調としたチームカラーは、当時はあまり好かなかったが、野球が…

ルミナリエ

神戸ルミナリエが、ことしもきれいなあかりを灯した。 *** 2011年の今ころ、僕は修学旅行で神戸を訪れ、その夜にあの光を目の当たりにした。いまでもあの点灯直後の感動を覚えている。一方で、すごい胸騒ぎがした。あれからもう4年になる。時の流れ…

なやみのタネ

ベッドのマットレスを変えた。昨日のひる届いて、このよるをワクワクしていた。ひるねはバッチリできて、このよるがこの上なく楽しみだった。 なさけないはなし、変な妄想しながら目をつむっていたら、みごとに寝られなくなった。詳しくいうと、寝ているか…