読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢における色と顔に関する考察

何種類かの夢を見た。あまり居心地はよくなくて、どちらかといえば気分が悪くなるようなものだった。ひとつは見知らぬ女子高生と駐車場を歩き回るものだった。彼女は徐に私の方を向き、あまり聞こえないような音量で電話番号を読み上げた。私はメモする暇も…

蛍が飛びたったのはずっとあとのことだった。蛍は何かを思いついたようにふと羽を拡げ、その次の瞬間には手すりを越えて淡い闇の中に浮かんでいた。それはまるで失われた時間を取り戻そうとするかのように、給水塔のわきで素速く弧を描いた。そしてその光の…

わたしの喜怒哀楽の感情表現が下手くそになったってことなんだよね

おじいさんは、近くに家があるんだけど、一人でアパートの部屋を借りて過ごしてる。真実は知らないけど本人はそう言ってる。諸々の改革を経てつくば市ができる前、わたしの住むここら一帯は昔、葛城村といって、ある程度盛ってたらしい。取りも直さず、田舎…

たんじょうび

おはようございます。 9月に入ったと思ったらもう12日。わたしは2日から三日間ある大会の最終日に誕生日を迎えました。22になった。2年前、二十歳に成ったとき、それこそ大人の仲間入りをした気分につよい高揚感を抱きました。しかし、去年21になっ…

卒論に使うかもしれない❷-大げさに言いたがり

きょうはたくさん読み書き考えた。 ほんとうに 全くまとまらないので、また「夜のノリ」の流れに身を任せて恥ずかしく完成さす。 本棚の一部を撮影した 並ぶ本の下にある紙切れの集まりは、新聞紙の切り抜きをまとめたもの。これも全ての3分の1くらいの量…

書くことをあきらめてはいけない

『週刊 金曜日』という雑誌に掲載されている対談を読んだ。奥田愛基との対談においてドキュメンタリー監督の原一男は、1960年代後半に勃興した全共闘についてこう述べている。 60年代から70年代にかけて広がった学生たちによる全共闘(全学共闘会議)運動のこ…

生産性ゼロかつ余計で要らないことを書きたい

「おばあちゃんおばあちゃんってねアンタ、おばあちゃんはずっとおばあちゃんじゃないのよ。わたしにとってはおかあさんなの、あんたにとってはおばあちゃんかもしれないけど。」 「え?どういうこと?おばあちゃんはずっとおばあちゃんでしょ?」 「おばあ…

『シューカツ!』①

オリンピック中継をBGMにしていっきに読み切った。 石田衣良さんの『シューカツ! (文春文庫)』。 男女7人の学生がプロジェクトチームを組み就活戦線を乗り切ろうとする成長小説だ。就活をするのにどれだけの時間を要するだろう。彼らは一年掛けて準備した。…

価値観のちがい

中学生の美術は、すきな明朝体を拡大して模写するところからはじまる。次はたしか手の模写だった。もうここまでくると、高校と中学の記憶が混同するが、わたしはたしか美術/音楽の科目選択をするところで音楽を選び、自己紹介の時に好きなアーティストはと…

パン屋さんになろう

幼稚園の頃、思い浮かべた将来の夢はパン屋さんだった。いっしょになろう、と言った友人は私が大学に入った頃に亡くなった。 わたしはたいせつな友人を二人亡くしている。 ひとりは、北京オリンピック、ソフトボール決勝の日、優勝が決まってからなので夜中…

ゼロになるのはこわいことではない

荏原町と聞いて思い浮かぶのは、私の親戚にあたる女性(たち)が経営している「うまい」居酒屋だ。その店は、女性4人で切り盛りしていて、とても身内的な雰囲気を持っている。ちなみに荏原と書いて「エバラ」と読む。「エ バ ラ焼き肉のたれ!」も想起させるが…

『あさが来た』を観おえただいがくせいの雑感 -ジェンダーに興味を持つとこうなる

『あさが来た』が終わり、あたらしく『とと姉ちゃん』がはじまりました。波瑠さんから高畑充希さんへのバトンタッチ。どちらの女優さんも透明感抜群で、見ていて惚れ惚れしてしまうよう。 というのは置いておいて、、、 朝ドラはやっぱりいいですね。『マッ…

Who am I ? からはじまって、すこしだけ狂う。なんでもタイトルに書けばいいわけじゃないって知ってるけど楽しくてしかたない

さて、僕はなにものなのか、自己紹介しておきます。 ***** 僕はいま大学3年生で、ことしの春から4年生に上がる。よてい。 すきな食べ物は、たくさんあるけれど、無意識的に「オムライス」と言っているような気がします。でも、ごくたまに「ぎょうざ」…

夜って案外あかるいのよ。で、けっきょくなにが言いたいの

洋楽は、私たちが持っていないリズムを持っている。真似ができない。KPOP(韓国)もJPOP(日本)もすべてまねっこ。あいつらには到底追いつかない。だから憧れるんだよね、西洋化に。だってさ、かっこいいんだもん。 僕の母はよく言った。「日本のレゲエやら…

すこしだけ整理する。なぜ僕が「教員」になる道を選ばなかったのかについて。ひとことだけね

まずはじめに一つ疑問が。僕はね、大体いつもアクセス数が、記事書いて読んでもらえて50~60くらいなんですがね、昨日と今日と書いていないのにさっき確認したら120もある。「なんだすくね―じゃん(笑)」と思う人がいるかもしれないが、僕の抱えている「読者…

その子の名まえは太郎くん?

テスト期間でした。ですがまだ、明日付けのレポート課題が一つ残っています。本日のトレーニング(テスト期間お構いなしの最大強化週間)もキツさマキシマムでしたので、いまにでも目を閉じたら眠ります。いいや、髪が乾いていないので寝れませぬ。どうでもい…

ものは生きていると「におい」がするんですよ

昨晩から吹き荒れた暴れ風は、きょうになりあたたかい雨と空気を運んできた。きょうの日中は汗ばむほどの陽気に見舞われた。いまは、とんがった月も雲間に見え隠れしている。あたたかった、とにかく暖かかった。半袖半パンでトレーニングできるほど。 たく…

身体をかんがえてみること。西洋的近代化にふれることができたなら

きょうは珍しく、タイトルを先に置いて書きはじめてみた。いつもは、つらつらと本文を打ってから仕方なしにタイトルを決めるようにしている。もっと読みたいと思えるタイトルをつける能力を僕が備えていればと思うのだけど、どうやらそこに力を注ぐ程の気配…

おやこかどうか

10時過ぎから図書館で調べものをしていて、時計に目をやると11時半を回っていた。そろそろお昼かと思ったころ事件が起こった。ふう、と息をついたその直後、おなかが鳴った。それもおおきく、おおきく。ならないでくれという思いなんかをよそに、不意打…

こえ

ぼたぼたと10円玉サイズの蜘蛛が深緑色したジャケットから落ちてきた。ジャケットの胸元から沸いて床にこぼれ落ちた、と言った方が表現が適切かもしれない。 あわてて僕は駆除しようと体勢を整えたが、まったくわけが分からないのとパニックで思うように足…

ちょっとした青春、

僕は中学2年の時、野球部の方針(ほとんど顧問の意向)で駅伝部の練習に混ぜられた。ちなみに1年生の頃その制度は無くて、先生は毎年変わっていった。普通だったら有りえるのだろうか。それによってもうほとんど、僕の野球からの関心は逸れていったと言っ…

消しゴム

僕は二つの保湿液をもっていて日によって気まぐれで使い分けている。その保湿液の片方の匂いが僕にとって、とてつもない何かを想起させる。突然、きょう思い出した。それは中学に上がるとき何かの記念に町内会からもらったシャープペンシルとセットになって…

はたらくこと

ちょっとだけ変なこと載せます。 *** 所詮、思い出というものは美化されるものでしかない。美化なんてしようがしまいが自分の勝手であり、どうせ、美化できて後味を悪くなく出来るのであれば、少しくらい前向き思考して、なんでもかんでも美化しておいた…

なんでだろう

きょう、きれいな茶色い長髪の女性とデートする夢を見た。いい具合に顔のほうがぼやけていて一番大事なところが見えなかった。惜しい、悔しい。きれいな女性が夢に出てきたりすると、その日いちにち頭から離れなくてもどかしくなる。むかしからよく夢を見る…

バス

ここ五日ほど、センター試験関連で学校自体が休みになったので、家にいることが多かった。そこで〔トレーニング→食事→テレビ→読書→ブログ→睡眠〕みたいな流れが出来てしまった。バッと本を買ってみたり、懲りずに本をたんまりと市立図書館で借りてみたり、…

東京タワー

湯船に浸かっていると、取り付けてある窓の外から静かな音楽が聞こえてきた。その音は少しくすんで聴こえ、話し声も聞こえたので、おそらくすぐ傍に駐めている車の中から流れているものなんだろう。珍しく、その音楽は心地よく聞こえてるのでもう少し聴きた…

ベルト

僕がベルトに触るようになったのは、割と早い時期だった。小3の冬、同級生から誘われたのがきっかけで、スポーツ少年団の野球チームに興味を持ち、翌年の春に入団を認めてもらった。赤と紺を基調としたチームカラーは、当時はあまり好かなかったが、野球が…

僕の先生

どうしてか、僕にとっての先生は特徴的なひとが多い。変わり者、というわけじゃなくて...印象強くのこっている、という意味。 中学1年の頃、野球部の顧問との関わりは薄かったけれど、今でもよくあの話は覚えている。大事なことを教えてくれた。***その…

記憶

「小説」という字は「小さく説く」と読める。そして紛れもなく、小説を生み出すのは、人間だ。技術が発達して、機械が全自動的に物語を構想しくみたてることができたとしても、小説は作られやしないと思う。でも、人工知能はそれを果たしてしまうかもわから…

なつやすみ

事実上のなつやすみに入ったT大学のT学群です。でも、レポート課題は残っているし、来週再来週には重要な試合を控えているので心持ちなんだか落ち着きません。 さて、なつやすみは何をするべきか。大きな石を予定表に入れていくと大半が埋まってしまいました…